2011.05.02 Monday

カバノアナタケが寄生する木

0
     カバノアナタケが寄生する木の高さは、ものによってさまざまである。

    やっと見つけても数十メートルも高い場所にあって容易に採取できない場合も有るし、大人の膝くらいのカンタンに手を伸ばせるくらいの高さで見つかる場合もある。

    それは、いかにも木に出来たコブのように見える。

    このコブ、つまりカバノアナタケの菌核のサイズは10〜30センチ。

    ぐっと接近してみると、表面は黒く、凹凸がたくさん有って縦横に亀裂が生じている。

    触れると石炭のように硬くゴツゴツとした感触である。

    大きなサイズのものは、重さもかなりあり、時には5キロほどにも達してしまう。

    両手で持ち上げなければならない重さである。


    なぜ黒い塊なのかというと、これは、カバノアナタケの主な部分を占める茶褐色の色素沈着の影響である。

    このコブを幹からそぎ落とすと、剥き出しになった内部は黄褐色を帯びているのが確認できる。

    樹皮下に広がっていた子実体、つまり植物の花に当たる部分は厚さ2〜8センチで、前面に小さな穴が並んでいる。

    この子実体は、菌核がかなり大きくなり、幹との着生部のまわりの樹皮がはがれる頃に形成される。

    時期的には、北海道では5月。

    その後、子実体が成長すると、楕円形の淡黄色の胞子を形成するのである。

    生殖器の役をする子実体から形成された胞子が放出されると、また繁殖が繰り返されていく。

    見た目からは生物という印象はなかなか受けにくいが、確かにこの黒い塊は生きたキノコなのである。
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    PR
    バレッタのお店
    インターネットで稼ぐ
    喫茶・パーティー
    ☆彡 スナックエムズ(Club M's)
    神戸三宮・スナック【Sauvage(サバージュ)】

    風の丘万天螢
    神戸森の会
    カルティエのリング
    ジェックス
    在宅ビジネス
    喫茶・パーティー『すいせん』
    但馬牛の中村精肉店
    コウノトリ但馬空港北側【金左ヱ門】(郷土懐石料理)
    但馬牛
    但馬牛の中村精肉店
    ブランドはお好き??
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM